どうにもならない虫歯

どうにもならない虫歯で、とうとう抜歯を迫られました。
ブリッジでもいいですよと言われましたがインプラントにもできるということで、メリットとデメリットを説明されて最終的にインプラントを選びました。
結構な費用がかかるデメリットはありますが、自分の歯に近い使用感があるとのことでした。
手術が終わってから、だんだんと隣の歯と同じように使えたのでインプラントが正解だったと思います。
歯科医にインプラント治療をすすめられるケースとしては、他の歯を削ったり、かぶせたりしたくないと、患者が考えている場合です。
ブリッジ治療で義歯を入れるとすれば義歯を支える役目をする両サイドの歯は削らなくてはなりません。
インプラント治療では、歯根部から人工的に再生するので該当する歯の分だけ治療することになります。
周辺の歯に影響を与えたくないという希望がある方にはやはりインプラント適用が一番でしょう。
入れ歯の装着に違和感があるという方、あるいは入れ歯だと見た目が気になるという方にぴったりくるのはインプラントです。
人工歯根をあごの骨に埋め込む手術をして、その上にセラミックなどでできた人工歯をかぶせます。
おおむね保険適用外となり、治療費は高額ですが見た目は入れ歯よりも自然な感じで自分の歯と同じように噛めるので、食べ物も美味しく感じられます。
何よりも見た目の自然さや快適な使用感を譲れない方にふさわしい治療です。
どんなインプラントも虫歯になる可能性はゼロですが、歯茎やあごの骨が炎症を起こす可能性はあります。
インプラント治療そのものが終わっても、アフターケアは大事で、歯周病を予防するために、毎日のセルフケアと定期検診はどこまでも続きます。
ケアが完璧であっても、歯茎の腫れや出血、口臭などの症状があれば歯周病の一種、インプラント周囲炎かもしれません。
放置は禁物で、炎症がひどくなる一方ですから早急に診察を受けましょう。
歯科では、一連の治療の中に保険適用と適用外が混在することもよくあります。
しかし、インプラントの場合、ほぼ全て保険適用外です。
今後もおそらく保険はきかないでしょう。
なぜならこの人工歯治療は保険が適用されるブリッジ、入れ歯などよりコストがかかり、設備や技術も要するからです。
あごの骨に穴を開けてインプラントを埋入し、かみ合わせが落ち着くまで時間もかかるのでトータルの治療費用は高額になってきます。
治療の一部を保険適用にするだけでも、健康保険の赤字がいっそう増え、結局は被保険者の負担が増えることになるので、保険適用にはならないのです。
入れ歯や差し歯と比べても利点の多いインプラント。
しかし、この治療法も決して万能ではなく、制約もあるので覚えておきましょう。
まず挙げられるのは、インプラント治療を受けるには条件があることです。
インプラント手術では、まず顎の骨に穴を開けて人工歯根を埋め込む必要があります。
抵抗力を弱める病気、例えば糖尿病や心臓の病気に罹患している方や、骨粗しょう症に罹患していたり、顎の骨がなくなったりしている場合にも、インプラントの利用が不可能と診断されることがあります。
この場合はインプラントを諦め、代替手段を探すことになります。
普通、インプラント治療の全部が自費治療なので、高額の費用が負担となる方もかなりいるようです。
しかし、クレジットカードでボーナス払いやリボ払いが可能、例えば、デンタルローンと呼ばれるような独自の分割払いを取り入れた融通の利く歯科医院が多くなりました。
治療開始時に費用を全て現金で用意できなくても、治療を始めることは実現できるようになりました。
インプラントという治療法を聞いたことのある方も多いでしょう。
これは、プラント(植える)という言葉のごとく、顎骨に穴を開けて、金属製の人工歯根を埋め込み、そして専用のパーツを用いて義歯を固定するという手術です。
入れ歯などの方法と比べると、綺麗な見た目に仕上がりますし、食べ物も噛みやすいのです。
インプラント技術は年々進化していますが、そこには歯科医や歯科技工士の卓越した技術を欠かすことは出来ません。
そのくらい高度な技術がつぎ込まれた施術ということです。
いわば「贅沢」な治療といえるので、保険は利かず自由診療となります。
誰でもインプラント治療ができるわけではありません。
その大きな原因は何といっても費用の問題でしょう。
保険適用のケースはほとんどなく、全て自由診療になることが当たり前ですから失った歯が何本なのか、義歯などの素材は何かによっても一概に費用を決められませんし、自由診療なので、歯科医院ごとに相当差が開きます。
そして、定期検診にも費用がかかってくるということも覚えておきましょう。
よくいわれるインプラントのメリットですが、治療中でも、治療後もそれとわかることはたぶんないでしょう。
見た目からしても、自分の歯のようにとってつけた感じにならず、この歯はインプラントだと自分でいわなければ義歯だと気づかれることも考えなくて良いのです。
前歯など、自然に見せたい歯の場合は優先したい治療方法ですね。
こちらもどうぞ>>>>>ホワイトニング 自宅 通販